経営改善計画書をマスターする

経営改善計画書が必要なワケ


多くの中小企業や零細企業がリーマンショック以降、苦しい状況に立たされている。
変化する社会状況を生き抜き、発展を遂げるためには、自社の課題と改善点に向き合っていかなくてはならない。
その改善を生む工程表に経営改善計画書がある。自社の未来像を描き発展を遂げるためにも、経営改善計画書の必要性を知りましょう。
経営改善計画書の必要性

景気状況の変化などにより、資金繰りにお困りになっていませんか。
受注の減少や業績不振により厳しい状況に立たされている企業は、数多くあります。未来を切り開く為にも、現在抱えている問題と改善策を実行していかなくてはなりません。その改善策となる一歩として、経営改善計画があります。
経営改善計画が必要とされるケースとは、財務面において売上減少により赤字や損益面の悪化が予想される場合。
帳簿上利益は出ているが、在庫増大や設備投資により資金収支への悪化が予想される場合になります。
その経営改善計画を書面に明記したのが、経営改善計画書になります。
ポイントとしては計画の必要性を認識すること、また専門家と一緒に作成することになりますので、経営面の現状把握・改善点の洗い出しを行えます。
更にこの経営改善計画書の重要なポイントは、金融機関からの返済条件や返済負担を一時的に軽減できることにもあります。
目に見える形で、対外的に説明することができる資料になりますので、その必要性も近年では高まっています。

経営改善計画書のメリット

経営改善計画書を作成することにより、業況の課題や改善点を把握できるようになります。
それによりコストを見直すことにも繋がりますし、売上増加のキッカケを掴むことができます。
計画を明確にすることでもたらされる効果は、従業員の生産性アップ、モチベーションのアップにも繋がります。
計画の必要性を認識し社内において売上を増加させたい、状況悪化の根本的課題を明確にしたいなどの悩みを抱えているなら専門家と一緒に経営改善計画書を作成してみてはいかがですか。
資金繰りを行う上で、金融機関や取引先との信頼性も確保できますし、金融支援の更改にも繋がります。

会計士事務所などの力を借り、経営改善計画を取り入れることで業績アップへの足掛かりを一緒に作りませんか。
経営改善計画書の制度は、国が専門家費用を2/3負担します。
東京都で経営改善計画書などについてのご相談などがあれば、ぜひ当事務所にご相談ください。