融資の知恵

ビジネスを始める、または事業を展開していくには、資金が必ず必要になります。
また、会社設立はもちろん、経営活動においても資金繰りは大切な仕事のひとつです。
ここでは資金繰りについてご紹介いたします。 開業をお考えの方は、この機会に一緒に勉強していきましょう!

さらに、フットワークも軽いので経営状況や財政状況なども速やかに調査・判断し、的確なアドバイスをご提案します。

資金繰りとは

資金とは、自由に引き出したり、支払いに充てたりすることのできるお金のことです。
家計に例えると、「預貯金」のようなものと考えると分かりやすいでしょう。
資金繰りの悪化とは、預貯金の余裕を作ることができずに、支払いや入金がスムーズにいかないことを指します。
なるべく自己資金(預貯金)を増やすことで、資金繰りの悪化によるリスクを減らすようにしなければなりません。

資金繰りに悩むビジネスでは、会計事務所のサポートがご活用いただけます。 しかしその中には、会社の数字に関して公認会計士や税理士に任せきりにしていて、どこからどこまでをどう使えるのかが自分では把握できない経営者様や、経営活動に有効な数字を分析してもどう活かしたらいいのか分からないという方もいらっしゃいます。
当事務所では、企業の経営状態や会計業務を客観的な視点で分析し、経営上の弱点や強みがすぐ分かる経営計画書を作成することで、今後の目標を明確にする、強力なコンサルティングサポートを可能にします。

資金の調達

資金繰りを悪化させないために、綿密な資金計画はもちろん、金融機関からの融資などを利用しながら資金を調達し、上手に資金繰りをしていきましょう。
また、資金調達の際には、各都道府県や各市町村などの事業者のためのローンなど様々な金融商品へ目を通し、資金計画に基づいて最適と思われる金融機関の融資を受けるようにしましょう。

当事務所でおすすめしている方法として、創業補助金など、国からの資金調達という選択肢があります。創業補助金は起業補助金とも呼ばれることもある、創業資金の補助を受けられる制度のことです。
しかし、創業補助金の申請をしたすべての方が対象になるわけではなく、まずは補助金を利用する必要性を審査し、補助を受けられるかが決まります。 日本は補助金や助成金のサポートが手厚く、各省庁や地方自治体ごとに様々なジャンルの事業での補助金を募集しています。
もし、あなたの事業が国策とマッチするのであれば、地域や業種で様々な補助を受けられる可能性があります。
また、補助金の申請には、事業計画書などの作成が必要になります。完成度の高い事業計画書を提出できれば、融資はもちろん、補助金や助成金などでの申請成功率は格段に上がります。

当事務所では事業計画書の作成支援サービスを行っております。
綿密な打ち合わせの上で作成いたしますので、その仕上がりにご満足いただけると自負しております。
独立や開業のお手伝いはもちろん、中小企業の経営コンサルティングサポートのサービスも行っております。
すでに他の会計事務所とご契約されている場合でも、セカンドオピニオンのつもりで1度当事務所にご相談ください。
圧倒的な情報量と質の高い数字分析で、経営者様主導で競争力のある企業に導くヒントをご提案いたします。

起業、新規事業、事業拡大、運転資金不足、、、
お金が必要になる場面はたくさん存在します。
すべて自己資金でビジネスを成長させていく人はほんの一握りで、
ほとんどの人は融資を利用してビジネスに必要な資金を調達しています。
あなたが融資を利用して資金調達したいのならば、是非この記事を読んでください