助成金と補助金について

会社の設立や経営はとにかくお金がかかります。
経営を始めたばかりは仕事も安定しない為、資金を切り崩し経営する必要があります。会社の経営に理解ある出資者がいれば問題はありませんが、現実はそう上手くいくものでもありません。そんな悩める経営者をサポートしてくるのが「助成金・補助金」です。
国から支給される助成金と補助金は、会社の経営において大事な援助となるものです。

そんな経営者を手助けしてくれる助成金と補助金について、ご説明いたします。

助成金と補助金の違い
助成金と補助金どちらも国や地方公共団体が事業に必要な経費を一部支給する、原則として返済する義務がない給付金のことを指します。
補助金は、件数や金額があらかじめ決まっているので、申請したからといって全てのビジネスが受給できるわけではありませんが、助成金は、要件を満たせば受給できる可能性の高いものとなっています。
助成金と補助金の種類
助成金と補助金は、大きく分けての3つに分かれます。

研究開発や新規創業・新分野進出などに関わるもの

管轄の省庁が実施している技術開発を行うビジネスに対して支援される補助金です。「新規産業創業技術開発費補助金制度」などが代表的です。

商店街や地域などの活性化を支援するもの

地域産業の活性化のための整備に対して支援される補助金です。代表的な補助金として、「基盤的技術産業集積活性化補助金」や「小売商業等商店街近代化事業助成金」などがあります。

雇用に関わるもの

主に厚生労働省が実施しており、賃金補助や人材教育補助といった形で支援される補助金です。「雇用創出助成金」や「キャリア形成促進助成金」などがあります。
中小企業に手厚い助成金・補助金
日本の高度技術は全国各地に存在する中小企業によって担っているといっても過言ではありません。
しかし、大手企業に比べて研究費や開発費などにかけられる予算が少ないために、経営難に陥っているビジネスも多数あるのです。

そのようなビジネスをサポートするために、国から定められている制度が助成金や補助金なのです。
飲食店などの小売業者やサービス業、卸売業者、製造業者などの中小企業に手厚くなっています。
創業助成金や起業助成金などの助成金制度を活用したいと思っても、優れた事業計画書を作成するのは難しいことです。そんな事業計画書を当事務所に依頼されてはいかがでしょうか?

当事務所では、そんな企業様のお役に立てるような事業計画書作成などをコンサルティングサポートすることができます。もちろん事業計画書だけではなく、その他の経営アドバイスなども幅広く対応しておりますので、ぜひご相談ください。