中小企業の融資の代表格!日本政策金融公庫とは・・・

日本政策金融公庫と仲良くなろう!

ほとんどの起業家が最初にお世話になるべき金融機関として、
真っ先に推薦したいのが「日本政策金融公庫」です。

ビジネスを成長させたいなら、
日本政策金融公庫とビジネスパートナーになっておく事をおすすめします。

借入の必要がない場合でも、

「ビジネスを成長させたいなら、50万円の少額融資でもいいので
日本政策金融公庫と取引を始めたほうがいいですよ。」

と私はいつもお客様にアドバイスしています。

日本政策金融公庫とは何か

日本政策金融公庫は、普通の民間の銀行や信金とは似て非なるものです。
まずは日本政策金融公庫の概略を説明します。

日本政策金融公庫の事業内容

日本政策金融公庫は、国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫を
前身とする政府系金融機関です。
旧各公庫のそれぞれの業務がそのまま国民生活事業、農林水産事業、中小企業事業として
受け継がれています。

日本政策金融公庫の業務概況図

日本政策金融公庫の体制

 国民生活事業、農林漁業事業、中小企業事業の特徴

国民生活事業の特徴

従来の国民生活金融公庫です。「国金」という方がなじみが深いかもしれません。
国民生活事業の取扱業務は小規模事業者を対象とした小口の事業融資や教育ローンです。
小口の事業融資と言っても、
融資額5,000万円くらい(場合によっては2億円の案件も取り扱います)までは
国民生活事業の守備範囲になります。
1事業者あたりの平均融資残高は666万円となっています。
ほとんどの経営者にとって、日本政策金融公庫の入り口はこの国民生活事業です。

 農林水産事業の特徴

農林水産事業は、文字通り農林水産事業者向けの事業融資を専門に取り扱っています。
農林水産業は「天候等の影響を受けやすく収益が不安定」、「投資回収期間が長期」という特徴を
持っているため、民間の金融機関での積極的な資金供給は期待できません。
この点を考慮して、政策的に農林水産事業者を支援しているのが農林水産事業です。

中小企業事業の特徴

民間の金融機関では難しい長期固定金利の事業資金の融資案件を取り扱っています。
取り扱う融資額は大きく、中小企業事業の平均融資残高は1億円を超えています。
融資額5億円くらいまでは中小企業事業で取り扱ってくれるケースが多いです。
国民生活事業を卒業した経営者が、次にお世話になるのが中小企業事業というふうに
考えてもらえるとわかりやすいでしょう。

中小企業事業の業務の中で特徴的なものに信用保険業務というものがあります。

これは信用保証協会が行う融資の保証に対して、
中小企業事業が保険を引き受けているというものです。

さらに信用保証協会に対する融資も行っています。

信用保証協会の保証付きの制度融資と言っても、
最終的にリスクを負っているのは日本政策金融公庫ということです。

株式会社? 日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は株式会社です。しかし、一般的な株式会社ではありません。
日本政策金融公庫の株式を国が常時100%保有することが法律で定められています。
それゆえ、全額政府出資の政府系金融機関といわれています。

政府系金融機関ということは・・・

政府系金融機関であるということ、
これが日本政策金融公庫の最大の特徴です。
私の経験上、融資の審査や制度は国の政策を
強く反映したものとなっています。

日本を支えている中小零細企業をいかに守るか、そして育てるか
それが日本政策金融公庫の基本的なスタンスです。
まさに、日本の中小零細企業を守る最強の最後の守護神です。
民間の金融機関では手に負えないリスクの高い案件でも真剣に取り組んでれます。

真剣にビジネスに取り組み、真摯に向き合うこと、
これが彼らとうまく付き合うコツと言えるでしょう。

「雨が降ると傘を取り上げる」
金融機関を揶揄するときよく使う表現ですが、
日本政策金融公庫の場合は全く当てはまりません。

日本政策金融公庫には口座がない!

日本政策金融公庫には口座がありません。
民間の金融機関の口座を使って融資を受け取り、
そしてその口座を使って返済します。

これは何を意味するのでしょうか?
あなたが借りたお金は税金だということです。

民間の金融機関では、簡単に言えば預金を資金の調達源としています。
多くの人からお金を集めて、融資という形で運用しているのです。

日本政策金融公庫は違います。
人々の生活をよりよいものとするため、日本という国を守るために
税金を使いあなたのビジネスに融資しているのです。
これは日本政策金融公庫から融資を受けるということの責任感を持ってください。
あなたが借りたお金を世のため、人のために有意義に使ってください。

まずは国民生活事業から

最初の入り口は、国民生活事業の小口の事業融資です。

現代の大企業の多くが、国民生活事業の卒業生です。
どんなに大企業でも、創業したころは等しく零細企業です。

国民生活事業を卒業し、大企業へと成長していった企業の一例をまとめました。
あなたのビジネスもこのような一流企業へと変貌する可能性を秘めています。
ぜひ、日本政策金融公庫とビジネスパートナーになり、
こういった企業のように日本を代表するビジネスを作ってください。
応援してます!!

創業期に国民生活事業を活用した企業例

創業期に国民生活事業を活用した企業例

まず最初に検討すべき融資 3つの基本形

融資にチャレンジしようと決めたとき、まず検討すべき融資は3つあります。

日本政策金融公庫からの融資、信用保証協会を利用した融資、プロパー融資です。

日本政策金融公庫からの融資と信用保証協会を利用した融資は公的融資と呼ばれ、
プロパー融資は民間融資と呼ばれます。

ここからは3つの融資の概略を説明していきます。

 

1.日本政策金融公庫からの融資

全額政府出資の政府系金融機関である日本政策金融公庫からの融資です。

日本政策金融公庫は株式会社ですが、
政府が株式の100%を保有することが法律で義務付けられているので、
企業の育成を金融面から支援する公的機関としての色合いが強いのが特徴です。
民間の金融機関(銀行、信用金庫、信用組合など)では、
引き受けることができない融資についても積極的に取り組んでくれます。

日本の中小企業の番人ともいうべき存在で、民間の金融機関よりも低金利、有利な条件で融資を行う傾向があります。
創業期の支援にも積極的で、今は誰でも知ってる一部上場企業がビジネスを始めたころに日本政策金融公庫にお世話になっていたという事例はたくさんあります。

 

2.信用保証協会を利用した融資

信用保証協会とは、
「中小企業が金融機関から融資を受けるときに信用保証協会が保証人になることで、 中小企業が融資を受けやすくなること」
を目的として設立された公的機関です。
この信用保証協会は、各都道府県ごとに設置されています。その地域内の企業を対象に融資の保証を行っています。

信用保証協会は日本政策金融公庫と同様に公的機関ですが、
この両者の決定的な違いは、融資のお金をどこが準備するかという点にあります。

日本政策金融公庫の場合は、日本政策金融公庫が融資のお金を直接準備します。
つまり、日本政策金融公庫からお金を借りるのです。
日本政策金融公庫に対して、融資の返済と利息の支払いをします。

信用保証協会の場合は、民間の金融機関が融資のお金を準備し、その融資に対して信用保証協会が保証を付けるという形を取っています。
つまり、民間の金融機関からお金を借りて、信用保証協会がその借入の保証人になるのです。
民間の金融機関に対して、融資の返済と利息の支払いをし、信用保証協会に対しては、信用保証料の支払いをするのです。

公的な保証人が付くことで融資したお金が回収できなくなるリスクは大きく軽減されるので、
民間の金融機関は通常引き受けることができない融資についても、
積極的に取り組むことができるようになるということです。

 

信用保証協会を利用した融資の分類

信用保証協会を利用した融資は、融資に対する保証の付け方によって2つに分類されます。

  1. 金融機関の通常の融資に保証を付ける一般保証。
  2. 制度融資と呼ばれるもので、文字通り制度化された融資。
    制度化されているため、その融資が実行されるために必要な条件や要件が決められていいます。

制度融資は、登場人物の違いによって、さらに2つに分けられます。

  1. 中小企業を育成する事を目的として、各都道府県・市区町村、金融機関、そして信用保証協会の
    三者が協力して実施する制度融資
  2. それぞれの金融機関が独自に必要な条件や要件を定めて、信用保証協会の保証を付ける制度融資

三者が協力する制度融資には、各都道府県・市区町村が利子補給(利子の一部負担)や
信用保証料の補助をしてくれるなどの大きなメリットがあります。

3.プロパー融資

プロパー融資とは、信用保証協会なしの民間の金融機関による融資のことです。

ずば抜けて業績が良かったり、
創業何十年の老舗であったり、
莫大な資産背景があるなどしない限り、
初見の方でいきなりプロパー融資というのはあり得ません。
民間の金融機関も結局は株式会社ですので、利益を出すことが求められていますし、
預金として預かったお金を無駄にできませんし、銀行員の生活も守っていかなければなりません。
回収できないリスクが高い融資を引き受けないのは、考えてみれば至極当然のことでしょう。

したがって、初めて民間の金融機関と取引を始めるときは、
信用保証協会を利用した融資を利用することになります。
信用保証協会を利用した融資を民間の金融機関で受け、返済の実績を作っていき、
徐々にプロパー融資を受けられるようになるというのが一般的です。

民間の金融機関からプロパー融資を受けることは、非常にハードルの高いことです。
あなたの会社も、プロパー融資を受けられる会社になることを目指しましょう。

 

4.まとめ

融資の基本形をまとめると、下の表になります。

融資を検討するときは、ぜひ参考にしてみてください。

公的融資 日本政策金融公庫による融資
信用保証協会を利用した融資 制度融資 都道府県・市町村、金融機関、信用保証協会の三者による連携
金融機関、信用保証協会の二者による連携
制度融資以外
民間融資 プロパー融資